読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三流のブログ

30代独身男の日常。文章を書けないので書く練習も兼ねてます。

確定拠出年金について調べてみました。

個人型確定拠出年金について調べてみました。

なぜかというと、僕も30代も中盤になり始め、貯金とか資産とかまったく考えてこなかったんだけど、そろそろ考えたほうが良いのかという気にほんの少しだけなったからです。

…うそです。なっていません。

ただ友人がそのような話をしていたからです。話の内容があまりにも頭に入ってこなかったので、ちょっとだけ調べてみました。

確定拠出年金とは、すごく簡単にいうと、国の年金じゃなくて、個人的に積み立てる年金制度ということです。毎月積み立てをして老後に備えるという制度ですね。

では、これがなぜ普通に貯金するよりも優れているのか。

理由は大きく分けて2つあります。

 

ひとつは節税効果です。

確定拠出年金に積み立てた金額というのは、所得控除の対象になります。どのくらい節税できるかというと、年収が450万円で月々15,000円の掛金を拠出すると、年間18万円が非課税となり、課税対象から除くことができます。年収450万円の場合税率は30%(所得税20%+住民税10%)なので、54,000円節税できることになります。地味にでかいですよね。

というか、これを20年間続けた場合、108万円もの節税できるんですね。

ちなみに月々の積立額は上限があるようです。(どのような立場にいるかで違う)。

つまり、金銭的に余裕のある方は上限いっぱい積み立てるとノーリスクでお金が増えるということですね。

 

ふたつめは運用益が非課税ということです。

通常、預金や投資信託株式投資などで利益を得た場合、その20%が課税対象となりますが、確定拠出型年金は非課税となります。その利益はそのまま再投資に回されることになります。

また例を出して考えてみますが、月額1万円で運用利回りが3%で運用したと考えた場合、先程申し上げたとおり、運用益に課税は発生しません。なので、10年後の積立資産は139万円となります。通常の投資信託ではおなじく10年後には135万円となり、差額は4万円になります。こうみると今ひとつな感じがしますが、複利で運用されるため、20年で20万円、30年で54万円、40年で120万円もの差が発生します。

もちろんこちらも掛金を上限いっぱいに設定したり、運用益が増えたりすると更に大きなメリットを享受することも可能ということですね(まあ、運用益が下がることも考えられるわけですが)。

こうやって見てみると、すごく良いことばかりのように感じますし、実際にそうなのですが、基本的に60歳まで引き出すことはできません(死んだりしたらもちろん別ですけど)。

つまり、すでに金が結構余っているような人にメリットがあるってだけで、現時点であんまりお金を持っていない僕のような人は真面目に働いて、日々節約してはやく余裕のある金を持たないと意味ないじゃんって話なんですね。

 

要は、確定拠出年金、僕には関係なかった\(^o^)/

 

 

誰も教えてくれなかった! 「確定拠出年金」利回り20%の投資法

誰も教えてくれなかった! 「確定拠出年金」利回り20%の投資法