読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三流のブログ

30代独身男の日常。文章を書けないので書く練習も兼ねてます。

ムーンスターを買いました

僕はベーシックなスニーカー、コンバースのオールスターやジャックパーセル、ヴァンズのオールドスクールのようなベーシックなスニーカーが大好きでよく履いています。

最近では仕事にもカジュアルな格好で行くことが多くなってきて、スニーカーで仕事に行くこともあり、持っている数もけっこう増えてきました。

 

ただ、これらのブランドのもの(コンバースやナイキなど)はすごく足幅が狭いんですよね。僕は足幅がけっこう広い方なので、長時間履いていると足が痛くなってきます。

 

しかし、冷静になって考えてみると、日本人って足幅が広い人がけっこう多いのに、スニーカーというか靴の足幅が狭いものばかりなんですよね。人気のアディダスやナイキは特に狭いですし。よく知らないですけど、女性ものだってけっこう足幅は狭くできているんじゃないんでしょうか。みんな我慢していると思うんだけど。

 

そこで僕はベーシックなスニーカーで足幅の広いものをずっと探してきました。

そこで、ようやく「これだ」というものを発見しました。

 

それは、ムーンスターファインバルカナイズです。

 

ムーンスターというと、なんとなく子供向けの運動靴を思い出す方が多いと思うんですけど、実は大人向けのベーシックなスニーカーを作ってるんです。

流石に日本のメーカーだけあって、日本人の足に合うように足幅は広く作られており、履き心地はコンバースなどとは比べ物にならないくらい良いです。

しかも6ヶ月保証がついています。まあ、使うことはないでしょうけど。でも、それだけ丁寧に作っているという証拠ですよね。

 

僕は思うのですが、これからムーンスターに限らず、靴のドメスティックブランドがけっこう来るのではないでしょうか。だって絶対にいま、多くの人がちょっと我慢しながら足幅が狭いスニーカーを履いているわけです。そこにちょっと前まではダサかったドメスティックブランドがデザイン的に進化してきたということは、もともと品質は丁寧な作りで高いわけですから、海外のブランドに取って代わる可能性はあると思います。

また、海外向けにドメスティックブランドが進出していくことも考えられます。実際にオニツカタイガー(アシックスの前身ブランド)のスニーカーが海外で人気があるというような話を聞いたことがあります。このようにドメスティックブランドがどんどん海外に出ていくことで認知度が上がり、逆輸入的に日本に広まるということも大いに考えられると思います。

(ただ、デザイン自体は海外のものにはかないませんので、ドメスティックブランドは変に調子に乗らず、高い品質とデザインは禅的なシンプルさで勝負を仕掛けていくのが良いのではないかと個人的には思います。)

 

ちょっと話はそれてしまいましたが、すごく履きやすいムーンスターを購入しました。しばらくヘビーローテで履きたいと思います。そしてレビューを上げたいと思います。

 

f:id:relaxin-1982-d:20170307214218j:image

f:id:relaxin-1982-d:20170307214302j:image

 

何度かすでに履いてます。ちょっと汚れていますよね…。

  

 

 

畑仕事デビューをしてみました。

以前、「野菜を作ってみようかと考えている」というようなブログを書きました。

すでにプランター栽培をはじめ、そして失敗をしています。

relaxin1982.hatenablog.com

relaxin1982.hatenablog.com

 

実はこれに加え、実家の使っていない畑の一部を借りて、キャベツを作ることにしました。

当初は鍬を使って、いちから小規模にやろうかと思っいたんですが、この話がいろんなところで独り歩きして、さまざまな農業機械を借りて作業ができることになりました。

なんだかいろいろな機械を貸してくれるという話になったんですが、とりあえずは、畝を立てるためのトラクターとその作業機(畝立て機・マルチ張り機)と野菜を植えるための歩行型移植機を借りることにしました(というか、なりました。初心者がこんなにいい機械を借りて作業しても良いのかというくらいのラインナップですが)。

また、キャベツの苗についても職場の方が関係者に余ったものをもらってきてくれて、結局ただでいただきました。

何から何までほんとうに感謝です。

で、作業なんですが、実はすでに12月に完了していました。このことを書こう書こうと思って、そのままにしていました。

 

結果としては、かなりテンパりましたが、いちおう無事に植え付けが完了しました。

作業的には、①耕うん、②畝立て、③植付け、だったんですけど、まず最初の耕うんについては、親父が先にやってくれていました。

次に畝立てなんですが、トラクターにアタッチメントを付けるのに本当に苦労しました。これはかなり慣れが必要な作業だと思います。特にマルチ張り機のセットは非常に難しかったです。色んな人にアドバイスを貰いながらなんとかできました(というか、ほとんどやってもらったに近いような感じでしたが…)。

作業自体はまあ、トラクターの運転は多少できるのと、今回の作業は一条しかしないのでまっすぐ進めればいいだけだったので。たぶん畑全体に作るとなると旋回とかまくらの作り方なんかできっとテンパってしまっていたことだろうと思います。

植付についても、まず移植機を畝幅に合わせて車輪の幅(?)を変えないといけないんですけど、ちょっと手こずりました。なんとかセッティングして、作業を始めたんですけど、うまくコントロールできずに何度かふらついてしまって、マルチを何ヶ所かやぶってしまいました。というか、移植機のピッチの調整を忘れてしまっていて、かなり株間が狭くなってしまいました(前回使ったのがブロッコリーの植付けらしく、そのピッチで植え付けてしまった)。育ってきたら間引きが必要かもしれません。

そんなこんなで、なんとか作業を完了させたんですけど、感想としては思ったよりも機械を使った作業というのは難しかったです。とくにセッティングですね。これはとにかく回数を重ねて経験を積むしかないと思います。まあ、ちょっと作るのにこんないのようなしっかりとした機械体系でやることはないと思いますが…。ただ、トラクターは運転することがあるだろうし、作業機の脱着は学んでおきたいと思った次第です。

ちなみに今日現在の育成状況はこの写真のとおりです。

f:id:relaxin-1982-d:20170305175807j:image

 f:id:relaxin-1982-d:20170305175817j:image

f:id:relaxin-1982-d:20170305175827j:image

f:id:relaxin-1982-d:20170305175833j:image

風でマルチが半分くらい剥がれてしまいました。

冬だからなかなか生育が遅いような感じがするけど、まあ順調なようです。なぜかマルチが剥がれている方が生育が良いのが気になりますが。

このあとはもう一度施肥をするといいようですので、近いうちにやりたいと思います。ただ、もう手作業でやりたいと思います…。

確定拠出年金について調べてみました。

個人型確定拠出年金について調べてみました。

なぜかというと、僕も30代も中盤になり始め、貯金とか資産とかまったく考えてこなかったんだけど、そろそろ考えたほうが良いのかという気にほんの少しだけなったからです。

…うそです。なっていません。

ただ友人がそのような話をしていたからです。話の内容があまりにも頭に入ってこなかったので、ちょっとだけ調べてみました。

確定拠出年金とは、すごく簡単にいうと、国の年金じゃなくて、個人的に積み立てる年金制度ということです。毎月積み立てをして老後に備えるという制度ですね。

では、これがなぜ普通に貯金するよりも優れているのか。

理由は大きく分けて2つあります。

 

ひとつは節税効果です。

確定拠出年金に積み立てた金額というのは、所得控除の対象になります。どのくらい節税できるかというと、年収が450万円で月々15,000円の掛金を拠出すると、年間18万円が非課税となり、課税対象から除くことができます。年収450万円の場合税率は30%(所得税20%+住民税10%)なので、54,000円節税できることになります。地味にでかいですよね。

というか、これを20年間続けた場合、108万円もの節税できるんですね。

ちなみに月々の積立額は上限があるようです。(どのような立場にいるかで違う)。

つまり、金銭的に余裕のある方は上限いっぱい積み立てるとノーリスクでお金が増えるということですね。

 

ふたつめは運用益が非課税ということです。

通常、預金や投資信託株式投資などで利益を得た場合、その20%が課税対象となりますが、確定拠出型年金は非課税となります。その利益はそのまま再投資に回されることになります。

また例を出して考えてみますが、月額1万円で運用利回りが3%で運用したと考えた場合、先程申し上げたとおり、運用益に課税は発生しません。なので、10年後の積立資産は139万円となります。通常の投資信託ではおなじく10年後には135万円となり、差額は4万円になります。こうみると今ひとつな感じがしますが、複利で運用されるため、20年で20万円、30年で54万円、40年で120万円もの差が発生します。

もちろんこちらも掛金を上限いっぱいに設定したり、運用益が増えたりすると更に大きなメリットを享受することも可能ということですね(まあ、運用益が下がることも考えられるわけですが)。

こうやって見てみると、すごく良いことばかりのように感じますし、実際にそうなのですが、基本的に60歳まで引き出すことはできません(死んだりしたらもちろん別ですけど)。

つまり、すでに金が結構余っているような人にメリットがあるってだけで、現時点であんまりお金を持っていない僕のような人は真面目に働いて、日々節約してはやく余裕のある金を持たないと意味ないじゃんって話なんですね。

 

要は、確定拠出年金、僕には関係なかった\(^o^)/

 

 

誰も教えてくれなかった! 「確定拠出年金」利回り20%の投資法

誰も教えてくれなかった! 「確定拠出年金」利回り20%の投資法

 

 

 

 

久々に映画を見たけど、やっぱり良かった話(マリアンヌ)

お題「最近見た映画」

 

そういえば最近映画を見ました。

marianne-movie.jp

まず、やっぱり映画館はいいですね。まったりとコーヒーを飲みながら映画鑑賞にふけるのはすごく贅沢な時間だと思いました。

内容はネタバレになると良くないので詳しくは触れませんが、ちょっと悲しい話ではありました。個人的な感想としては(僕が独身だからっていうのもあるんだろうけど)、家族って良いものだなあって思いました。

それに全体的に雰囲気がおしゃれで、いい感じでしたよ。

また、個人的にブラッド・ピットはけっこう好きで、主演映画はかなり観ています。そのなかでもかなりあたりの部類の映画だと思います。ちなみに、一番はファイトクラブです。

もし「映画なに観ようかな」と考えている人がいたら、ぜひ。

しかし、映画館のファーストデイ(安い値段で見れる日)だったにもかかわらず、しかも封切りしてそんなに経っていなかったのに、お客さんがあまり多くなかったのが気になりました。ラ・ラ・ランドに流れているのかな。

個人的にはああいうミュージカルものよりも絶対にこちらのほうが面白いと思うのですが(偏見は良くないですけどね)。

 

 

 

 

 

ふとん

お題「ふとん」

 

僕は大した布団を使っていません。

実家から持ってきた、かなり古い布団を使っています。

なんだか重たいし、かなり黄ばんだ布団で(カバー使ってるからわからないけど)あまりいい布団ではないと思います。

だけど、ふとんって枕やマットレスと違って何を使っていたとしてもあまり睡眠の質に影響してこないような気がするんですよね。ちがうかな?

もしかすると高級な羽毛布団なんかを使うと、軽くて暖かくて睡眠の質が向上するのかなあ。ちょっと調べてみたいところです。

ちなみになんですけど、マットレスはけっこういいやつを使っています。床や硬いマットレスを使うと腰が痛くなるし、あまり良く眠れないんです。

けっこう睡眠にはこだわりたい方なので、この機会に布団を見直してみようなあ。

 

 

 

ダイエット・アプリの1番いいやつ

いま、僕はダイエットをしています。

そこで便利なダイエットアプリをずっと探していて、やっと決定的なアプリを見つけました。

 

あすけんというアプリです。

あすけんダイエット - iPhone&Androidアプリのご紹介

 

これ、めっちゃいいです。

まず管理がすごくしやすい。

栄養バランスが見れる。

アドバイスがもらえる。

モチベーションが上がる仕組みがたくさんある。

 

ということで、私的に一番のおすすめです。

しばらくはこれを使ってダイエットの進捗を管理したいと思います。

またしばらく使ってから改めてレビューしたいと思います。

 

 

なお、別に僕はこのアプリの回し者でも、広告収入を得ようなどという気は全くありません。だから使わなくてもいいですよ。

ローカーボ

先週から、ローカーボダイエットなるものをはじめました。

 

ローカーボとは、つまり糖質制限ということで、要は米やパンを極力食べないダイエットのことです。

 

そうは言っても、現在私は筋トレも行なっているため、完全に糖質(炭水化物)を摂らないのもまずいみたいなので、夜だけ完全に糖質制限という、ゆるいルールでやっています。

 

まあ、朝はもともと食べないので、実質昼だけ食ってる感じですよね。

 

はじめて1週間なんで、まだ効果は実感してませんけど、途中経過はこれから書いていきたいと思います。

 

今の段階でいうと、ようやく夜に炭水化物を食べないのを慣れてきた感じです。

 

がんばります。

f:id:relaxin-1982-d:20170126201910j:image