三流のブログ

30代独身男の日常。文章を書けないので書く練習も兼ねてます。

プランター栽培に再挑戦

以前、ベランダでのプランター栽培に挑戦しました。

relaxin1982.hatenablog.com

 

relaxin1982.hatenablog.com

 

実はこれ、けっきょく芽が出ないままベランダに放置され、しばらくそのままにしていました。

 

そして、つい先日、職場のお偉いさんが、サニーレタスの苗をくれるという話になったので、またプランターでの栽培をやることにしました。


f:id:relaxin-1982-d:20170610142229j:image

 

その人にいろいろとアドバイスを貰って準備を進めました。

 

まず、土を天日干しする。これにより殺菌効果があるようです。

 
f:id:relaxin-1982-d:20170610142248j:image

つぎにこれもそのとき一緒にもらった肥料を土に混ぜ込む。


f:id:relaxin-1982-d:20170610142310j:image

※封筒に入ってる

肥料の量は多すぎると逆に良くないらしいので、たくさん入れたい気持ちを抑えつつ、少量混ぜることを意識しました。

 

そして、前に使っていた軽石を下に敷いてから、土を入れ、苗を植えました。

 

そして、最後に水やり。下から滲み出てくるくらい水を入れていいということだったんだけど、なかなか水が出てこない。逆に入れすぎじゃないかと心配になりますね。

 


f:id:relaxin-1982-d:20170610142210j:image

 

たった3株しかない。

 

やっぱり種から育てるより、苗のほうがうまく行きそうな気がしますね。

 

ちなみに職場に置いて育てています。こちらのほうがどう考えてもアパートのベランダより日当たりがいいですからね。

 

 

成功体験がないから、ちょっと心配ですけど、無事育つといいな。

 

キャベツ無事収穫

先日、作っているキャベツが虫に喰われまくっているという記事をアップしましたが、その後、防除作業をおこない、なんとか収穫にこぎ着けました。

ただなんの計画もなく作ってしまったため、大量にあまってしまってます。

もちろん出荷するものではないので、人にあげてるんですけど、そんなキャベツをたくさんもらっても困るだろうし。

これ、一体どうしようかな…。


f:id:relaxin-1982-d:20170604185048j:image

キャベツが大惨事

キャベツの栽培をしてるんですけど、ちょっと目を離していたら、大変なことになりました。

 


f:id:relaxin-1982-d:20170520021335j:image

 

ちょっと写真では分かりづらいかもしれませんが、めちゃくちゃ葉を食われています。

 

やばいと思って、知り合いの農家のおじさんに電話で理由を聞いてみると、アオムシのせいだと分かりました。

 

たしかにキャベツをよく見てみると、かなりたくさんのアオムシがついていました。というか、もう蝶々になってるやつもけっこういました。

 

そうなんです、僕はまったく防除をしていなかったんです。

 

そんな知識は持ち合わせていませんでした。

 

そこで殺虫剤を取り急ぎ買ってきて、それを家にあった簡易的なバッテリー噴霧器を使って撒きました。

 

たぶん、これで大丈夫だと思います。

いや、見た感じかなりやられているからヤバそうなんだけど、農家のおじさんいわく、「芯を食われてなきゃ大丈夫や」と言っていたので、それを信じたいと思います。

 

というか、やっぱりちゃんと手をかけないと、いいものはできんのだなあ。

 


f:id:relaxin-1982-d:20170520022203j:image

長崎旅行に行ってきました

なかなか書けないでいたんですが、3月に長崎に旅行に行ってきました。

2月くらいから仕事がバタバタとしていて、ようやく仕事が落ち着いてきたこともあり、休暇を取って彼女と旅行へ出かけました。

しかし、当日は雨。最近思うのですが、ひょっとしたら僕は雨男かもしれません。認めたくはありませんが……。

 

長崎までの交通手段は車で、大分から高速道路で行って、長崎市内まで3時間半くらいだったと思います、たしか。途中で休憩をはさみながらだったんで。

8時位に出発して、長崎市内に到着したのが11時半くらいだったですかね。

 

まず、昼食を食べるために中華街に向かいました。 

f:id:relaxin-1982-d:20170424233734j:image

長崎の中華街はそんなに広くなかったですね。 

 

どこで食べれば良いのかよくわからなかったので、グーグル先生で調べて、有名店らしい「江山楼」へ。

ちょうどお昼時ということもあり、行列というか待ちが発生していました。

かなりの人数がいたので1時間以上待たされることも覚悟したのですが、中華ということもあってか、30分位の待ち時間でした。

僕は皿うどん、彼女はちゃんぽんを食べました。美味しかったですね。ただ、ちゃんぽんはすごくこってりしていて、彼女は完食できませんでした。

 

f:id:relaxin-1982-d:20170424235751j:image

 

長崎新地中華街の美味しい長崎ちゃんぽん|中国菜館江山楼

 

食事のあと、中華街やその周辺をぶらぶらして、中華街の外れにあったカフェで一休みして、グラバー園へ向かいました。

 

グラバー園近くの駐車場へ到着したとき、ちょうど雨が最高潮に降り出し始めました。傘をさして中を見ようかとも考えましたが、ちょっとつらいので(雨だけでなく寒かった)、隣接している大浦天主堂を視察することにしました。室内だし。

 大浦天主堂

内部は撮影禁止のため、写真はありませんが、古い教会でしたね。めちゃくちゃキレイかと言われると、そうではないと思いますが、昔の日本にこれがあったということがちょっと驚きというか、長崎は特別だったんだなというかんじですね。

 

雨も上がらないので、早々にに長崎県美術館へ移動することに。

美術館では入り口で何かイベントをしていました。よくわからないままだったんだけど芸人というかパフォーマーみたいな人が歌っていました。

あれは誰だったんだろうか。正直、妙なパフォーマンスでした。

その後、中を見て回りました。正直言って、僕にはまったく美術的なセンスはないし、芸術は理解できないんですが、だからこそそういうものに触れることに価値があるのかなと思っています。だから、旅行とかに行ったらその地域の美術館には行きたいと思うタイプです。カッコつけるわけではないですけどね。

長崎県美術館

 

時間もいいくらいになったので、宿にいったんチェックインすることに。今回はちょっとした旅行という位置づけなので、ビジネスホテルを予約していました。とはいってもちょっときれいな感じなビジネスで、いいホテルでしたよ。

 リッチモンドホテル 長崎思案橋 | 公式サイト

 

チェックインの際、ホテルの人に近隣のおすすめの居酒屋を教えてもらって、そこへ行くことにしました。

多ら福 亜紗 (長崎市/魚介・海鮮料理) - Retty

料理も美味しく、店に活気があってとっても良かったです。はっきりいってアタリでした。次に長崎に来たときもここに来たいと普通に思うレベルでした。

そのあともう一軒バーとかで飲もうかとも思ったんだけど、連休最終日ということもあり、店がかなりしまっていたのでホテルに帰り就寝しました。

 

2日目はちょっと早めに起きて、ホテルの朝食バイキングで食べて、準備を済ませて早々に出発。

今日の目的は今回の旅の目玉である動物園バイオパーク。カピパラを見に行くこと。

長崎市内から車を飛ばして1時間ちょっとで到着。

けっこうな田舎にありました。まあ、ふつう動物園は都会にあるわけはないんだけども、なんというか農村の中にあるというか。

 

園内は動物が放し飼いになっていました。

だから大きな動物とかはいないんだけど、動物がふつうにその辺にいる感じでそれがすごくよかったです。

今回の目的であるカピパラ。ゆるいかんじでかわいい。

f:id:relaxin-1982-d:20170425000012j:image

 

ミーアキャットはめちゃくちゃかわいい。フォトジェニックなやつらでした。

f:id:relaxin-1982-d:20170424235933j:image

レッサーパンダは「仕方ねえな」ってかんじで写真を撮らせてくれました。

f:id:relaxin-1982-d:20170424235853j:image

カンガルー

f:id:relaxin-1982-d:20170425000051j:image

アライグマ

f:id:relaxin-1982-d:20170425000111j:image

などなど…

 

なんとか雨ももってくれたのでよかったです。

 

長崎バイオパーク - ZOOっと近くにふれあえる九州の動物園&植物園

 

そして最後に佐世保によって、佐世保バーガーを買いにいくことに。僕はハンバーガーが大好きなので、最高でしたね。

 佐世保バーガーのビッグマン(BigMan)

佐世保バーガーを食べながら帰路へつくことになりました。

 

 

そして帰りの道中、彼女は安定の熟睡。

一度も目を覚ましませんでした。

やるじゃねえか。

部屋とケータイと私

お題「ケータイと私」

 

書くことがないので、お題ルーレットから。

今日のお題は「ケータイと私」

 

僕の携帯電話のエピソードで、ちょっと特徴的なものがあります。

 

僕は携帯電話を高校3年生で持ち始めたんだけど、1年間で3回も紛失しているんです。

そして、大学に入ってすぐ、新歓コンパか何かで酔っ払った勢いで壊しています。

つまり、約1年間に4回携帯電話を変えているんです。

 

はっきり言って異常なペースです。当然まだその頃というのは経済面で親に頼っている時期だったので、本当に申し訳ないことをしてしまいました。

 

言い訳がましいんですけど、僕はそんなにものを紛失するタイプではないんです。

携帯を壊して変えた大学1年から35歳の今まで、携帯電話を紛失したり壊したりして買い換えたことはないんです。ちゃんと携帯電話の2年割賦もきっちり払い終わってから機種変更やキャリアの変更(iPhoneを使いたくてドコモからソフトバンクへ)をしています。

だから、この時期にここまでの回数で紛失などを繰り返すのは僕の中ではかなり珍しく、異常事態だったんです。

 

もしかしたら、心の奥底で携帯電話を持つことを嫌がっていたのかもしれないですね。使うことで生活を大きく変えてしまうような予感があったというか。これまでの日常のようなものが損なわれてしまうというよな感覚というか。

 

人は何か新しいことを始めようとすると、恒常性を保つために無意識のうちに拒否反応を示すことはあるらしいです。これは安全を保つための人の基本的な習性と言われています。

それが僕の場合、携帯電話を使うことに顕著に出たということかもしれないですね。確かに携帯電話を使うようになれば、生活は大きく変わりますもんね。

 

とはいいながら、多分に漏れず、もはや携帯電話(今はスマートフォン)がない生活にはもう絶対に戻れないわけですが。

ただ、たまには距離を置かないといけないと思う今日この頃です。今回話したとおり、初期には拒否反応が出ていたくらいですから。

深夜テンション

僕は常々思うのですが、結局のところ、人は自分の実力のなかで頑張っていくしかないのでしょうか。

いかに高邁な理想や人として進むべき道というものがあるにせよ、結局は実力がなければそんなことはできないわけで。

仮にそのような実力があったとしても、その実力のなかでベストを尽くしているだけの話であって、今の足りない実力のなかでベストを尽くしているのと実質的には何も変わらないのではないかと思うんですよね。

まあ、要は何が言いたいかというと、つまるところ、人生というのは自分に配られたカードでいかに精一杯がんばる、ということでしかないということですよね。(なんか、スヌーピーの名言であったような……。)

ということは、無駄に悩む必要はなく、ただ今の実力で何ができるのか探し、それをただ実行していく、というのが正しい生き方であって、人が生きるとは、それ以上でもそれ以下でもないということじゃないかということです。

 

 

人生がハッピーになる!スヌーピー名言集「配られたカードで勝負するっきゃないのさ、それがどうゆう意味であれ」

 

深夜の変なテンションで、書いてしまって、後から恥ずい感じになりそうな。。。でも敢えて勢いのままアップしてみるやつ。

おじさんvsインスタグラム

僕の彼女はすごく熱心にインスタグラムをやっています。

インスタグラムって、そんなにおもしろいのでしょうか?

彼女に少し見せてもらったりするんですけど、どこがおもしろいのかよくわかりません。

これは僕がおっさんになってきたからなのかもしれませんが、理解できません。

要はちょっとオシャレな自慢写真を投稿したり、他の人の写真を見るだけなのではないでしょうか?

基本的に僕は人の自慢話をいっさい聞きたくないんですよね。それは現実の生活でもそうだし、ネットの中でも同じなんです。

というか、みんなそうじゃないの?

まあ、これはフェイスブックにも言えるんですよね。インスタグラムやってるのは、あんまり文字を書きたくない若い女性が中心の層なんかな?いや、単純にオシャレで流行ってるだけという理由のような気もするが。

 

 

 

そんなことを居酒屋で彼女と隣の席の女4人組がスマホを無言でいじっているところを見ながら考えています。

#居酒屋

#暇

#インスタグラム